FC2ブログ
妻が他の男に抱かれる・・・と想像するだけで興奮してしまう寝取られマゾな夫の告白です。
妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>
3月23日の事
2018-03-27-Tue  CATEGORY: 日記
先週の金曜日は、美佐子様と彼氏様は今月二回目のお泊りデートでした。
美佐子様がお帰りになったのは、土曜日の晩です。
私は、期待に胸膨らませて裸でお出迎えしたのですが
「今日は疲れてるから、お風呂入って寝る。
 明日の晩、遊んであげるから。」とさっさとお風呂に入られて
お休みになってしまいました。
泣きたい気分でしたが、日曜の晩を期待して私も床につきました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
3月9日
2018-03-09-Fri  CATEGORY: 日記
こんばんは。
今、ちょうど20時です。
今晩、また美佐子様と彼氏様はお泊りデートです。
お帰りは、明日の昼くらいだと言っていました。
美佐子様の説明では、彼氏様はご家庭をお持ちだそうです。
結構頻繁にお会いになりお泊りもされて、彼氏様のご家庭は
大丈夫なのかと少し心配になります。
我が家は、その点は全く心配要らないのですが。
人妻である美佐子様が、毎回お泊り浮気デートができる事を
彼氏様はどう思っておられるのでしょうか。
もしかしたら私が寝取られマゾ亭主という事を
ご存じなのではないかと思います。
美佐子様は、否定されるのですが・・・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2月16日の事
2018-02-23-Fri  CATEGORY: 日記
こんばんは。
今晩、美佐子様は彼氏様とお泊りデートです。
今頃は、彼氏様とホテルで大人のセックスの真っ最中かもしれません。
寝取られマゾ亭主の私は、一人でコンビニで買ったお弁当をチンして食べて
洗濯も終わりました。
美佐子様と彼氏様のデートの様子を考えると興奮してきます。
美佐子様がお帰りになるのは明日土曜日の晩です。
今から、お帰りが待ち遠しいです。
晩御飯は、家で食べるとおっしゃておりましたので
残念ながら裸でお出迎えはちょっとできないのです。
でも、お帰りになられたら、ダメもとでご聖水をお願いしてみようと思っております。

先日の続きです。
あまり、代り映えしない内容ですがよろしければお読みください。

洗濯物を干し終わって部屋に戻ると
美佐子様は、テレビを見ながらコーヒーを飲んでいました。
私もお茶入れて美紗子様の向いに腰かけて
はやる気持ちを抑えて一緒にテレビを見ながらコーヒーを飲みました。
「このテレビが終わったら遊んであげるから
 お布団引いといて。」と言われて
「はい。」と返事をして居間へ行き美佐子様の布団と私の布団を並べて敷き
美佐子様にも気持ち良くなって頂けるように
箪笥からローターを出して準備を整え
美佐子様の元に戻り
テレビを見終わるのを待ちます。
本当は、裸になって美紗子様のおみ足のマッサージをさせて頂きたかったです。
お願いすればたぶん、美紗子様は拒否しなかったとおもいます。
番組が終わると、私がコーヒーカップを洗って片づけている間に
美佐子様は、歯磨きをなさいます。
片付けを終えると、私は居間に行き裸になって正座して美佐子様を待ちました。
スエットに着替えて美佐子様は布団に横になって
「マッサージして。」と私におみ足をお出しになりました。
私は、嬉々としておみ足のマッサージを始めます。
「もっと、強く」、「土踏まず」とか指示が飛びます。
空いてる方のおみ足で正座している私の子チンをグリグリと
遊んでくださいます。
子チンは、もちろん大きくなります。
情けなくも子チンの先から先走りの汁が出ておみ足を汚してしまいます。
「なんか、冷たいよ。汚いなあ、早く拭いて。」と
お叱りを受けて、あわててティッシュでおみ足についた私の汚い汁を
拭き取ります。
両足のマッサージを20分くらいさせていただきました。
「ありがとう、もういいわ。ちょっとこっちにおいで。」とのご指示で
寝ておられる美佐子様の手の届くところに移動しますと
「なんで、小さくなってるの。」と小さくなった子チンを見て
笑いながら乳首のピアスをぎゅっと捩じりながら引っ張ってくださいました。
その快感に子チンが大きくなります。
美佐子様は、それを見て
「入れたい、それともこのまま自分でする?」と意地悪な事を言われます。
私としては、このまま乳首ピアスで遊んでいただきながら
子チンを自分で擦る方が惨めで情けなくて嬉しいのですが
本当に久しぶりに(たぶん半年以上だと思います)
美佐子様とのセックスのお許しがでたのですから
「子チンで早くて下手で 彼氏様とは大違いだと思いますが
 セックスさせてください、お願いします。」と頭を下げて懇願しました。
「しゃあないなあ、その前に私も軽くいきたいからね。」と言われました。
もちろん、私とのセックスでいけるはずもありませんから
いつものようにクリトリスをローターで刺激して軽くいっていただきました。
しばらく余韻に浸っておられた美佐子様から
「入れていいよ。」と子チンの挿入のお許しが・・・・・
ところが、子チンが子チンのままなのです。
美佐子様がそれを見て
「もうしゃないなぁ。」と、また笑いながら乳首ピアスを捩じりあげて下さると
ムクムクと大きくなります。
私は、少しでも気持ち良くなってくださればと
美佐子様の股間に入り少し舌で神聖な所を舐めたのですが
「そんな事せんでええから、早く入れ。」とのご指示。
慌てて、子チンを美佐子様の中に入れさせていただき
腰を振り始めました。
久びりの美佐子様との一体感
美佐子様の中の暖かさ
美佐子様から子チンに伝わるあの感触
何とも言えない幸福感と気持ち良さでした。
乳首のピアスも捩じりあげられ
子チンと乳首の快感で三分もしないでいきそうになり
腰の動きをスローにすると
「なに、ゆっくりにしてるの抜いて自分でやらすよ。」
「そんな、今度いつさせて下さるかわからないので
 もう少しこのままお願いします。」という私に
「あかん、早くいかんかったら、もう二度とさせへんで。」
と言われて美佐子様を見ると
当たり前ですが全く感じておられる様子もなく
目を瞑って快感に震えながら腰を振っている私と違い
目を開けて少しニヤッとしながら
乳首ピアスをいっそう強く捩じりあげ引っ張られます。
「はい、すみません。わかりました。」と
動きを速めるとあっという間にいってしまいました。
もちろん、いく寸前で子チンを美佐子様から出してお腹の上でです。
「早く、ティッシュで拭いて。」余韻に浸る間もなくご指示を受け
ティッシュで綺麗に拭き取りました。
最後に美佐子様の横で正座して
「ありがとうございました、最高でした。
 これからも、彼氏様と浮気デートを楽しんでください。
 けっして邪魔は致しませんからどうか捨てないでください。」と
お礼とお願いを申し上げました。




ページトップへ  トラックバック0 コメント2
2月16日の事
2018-02-21-Wed  CATEGORY: 日記
こんばんは。

先週の金曜日、彼氏様とのお泊りデートがキャンセルになった日の事です。
美佐子様と一緒にテレビを見ていた私は、
思い切って美紗子様に
「美佐子様、もしよろしければ久しぶりにセックスをさせてください。」と
足元で土下座をしてお願いしました。
拒否されると思ったのですが
美佐子様は、テレビを見ながら
「デートも無くなったし、いいよ。」と許可してくれました。
「ありがとうございます、嬉しいです。」と感謝する私に
「させてあげるから、先に洗い物して洗濯機の洗濯物干してきて。
 それから、熱いお茶飲みたいから入れて。」と指示されました。
私は、
「はい、わかりました。」とウキウキしながら
お湯を沸かし、お茶を入れる準備をしながら
食器を洗い始めました。
洗い終わる頃にお湯が沸きお茶を入れて出し
ベランダに洗濯物を干しに行きました。
世間一般の亭主族から見れば、何と情けない亭主だと思われるのでしょうが
私は、このような関係が嬉しくて興奮してしまうのです。

理想を言えば美佐子様には、
「何贅沢な事言うてるの、パパとのセックスは、全然良くないし
 彼に悪いからいや。
 見ててあげるから、自分でしたら。
 乳首のピアスは、引っ張ってあげるから。」と冷たく突き放してほしいです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
近況報告の報告です
2018-02-12-Mon  CATEGORY: 日記
こんにちは、お久しぶりです。
またまた、書き込みの期間が空いてしまいました。
最近では、あまり新しくご報告することがありません。

美佐子さまと彼氏様の浮気デートは、途切れることなく続いております。
月に最低二回は、相瀬を楽しんでおられます。
デートは、お泊りです。
十二月は、毎週末お泊りでした。
まるで、週末婚夫婦様です。
デートの後の、ご褒美も最近は
まったく頂けなくなりました。
もう美紗子様にとって
私は、夫ではなくただの同居人です。
美佐子様の裸は、
もう半年位見させていただいておりません。
彼氏様とのセックスで満足されているのでしょう。
もしかして、捨てられるのではとビクビクして
おります。
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
<< 2018/04 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005 妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>. all rights reserved.