FC2ブログ
妻が他の男に抱かれる・・・と想像するだけで興奮してしまう寝取られマゾな夫の告白です。
妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
9月13日
2012-09-13-Thu  CATEGORY: 日記
昨晩、妻が浮気デートから帰ってきたのは
23時半頃でした。

私は、
「おかえりなさい。」と裸で子チンを大きくして出迎え
おみ足にキスをしました。
子チンを見た妻は、
「元気やん。」と椅子に腰掛け
おみ足のマッサージをしようとする私に
「のど渇いた、冷たいお茶。」と申されました。
お茶をお入れして、おみ足のマッサージ。
私は、知らされていなかったのですが、
今日のデートは、お二人とも有給を取って
朝から和歌山の方に遊びに行かれたそうです。
お昼は、彼氏様とお二人で観光地や名所を散策して
とても楽しかったと
マッサージをさせていただいている私に
嬉しそうに話してくださいました。
私としては、お二人のセックスの様子をお聞きしたいのですが
最近あまり詳しく話してくれなくなりました。
妻は3回、彼氏様は2回いった事しか話してくれませんでした。

しばらくして妻の、
「飲みたいんやね?」と嬉しいお言葉。
すかさず
「はい、お願いします。」と私。
「脱がせて。」と立ち上がった妻の前にひざまずいて
スカート、パンスト、そしてパンティをお取して
いつものようにバスタオルを用意して頭の下に敷いて
仰向けになります。
妻は私の顔を跨いで、和式便所で用を足すように
腰をおろしてくれます。
目の前に彼氏様のおチンチンが入れられて大人のセックスを
堪能したいた聖器が迫ってきます。
とても嬉しい瞬間の一つです。
激しいセックスのせいでしょうか、
少し赤く充血しているようでした。
私は、おビールの注ぎ口(尿道)に吸い付きます。
「ちょっと、待ちよ。」とおっしゃりじらされます。
以前は、なかなか出なかったのですが
慣れてきたのでしょう、すぐに出して下さるようになってきました。
吸い付いて待つ私の口におビールが注がれます。
今日は薄味で、出る量を調節してくださいましたので
ごくごくと4、5口美味しく頂きました。
ただ、前回ほど多くなかったが残念です。
「もう出えへんわ。」と終了を告げられたので
そのまま、舌で注ぎ口を綺麗にさせていただきました。
私は、起き上がり
「有難うございました、美味しかったです。」とお礼を申しました。
「そう、美味しかった、よかった。」と妻。
妻の浮気デートの帰りをおとなしく待っていたご褒美として
妻の体内で熟成された美味しいおビールを頂く喜びと
便器としてお使いいただける二重の喜びです。

そのあと、横になられた妻の彼氏様とのセックスの後の聖器を舌で
ご奉仕させていただきました。
前は、お掃除と言っていたのですが、
妻と彼氏様は、大人の恋人同士。
そのお二人がなさったセックスの後を私がお掃除などと
おかしいと思うようになりました。
お掃除という事は、汚れているという事です。
お二人のセックスの後が汚れているなどと・・・・。
それで、考えたのですが
妻と彼氏様の大人のセックスのお裾分け、妻からのご褒美、
そしてお二人への感謝のご奉仕と考えるようにしました。

もちろん、今回も挿入は許していただけませんでした。
「今日も痛いから無理、遊んであげるからゴム着けておいで。」と
言われてしまいました。
ゴムを装着して擦り始めると
妻は寝転んだまま乳首ピアスを引っ張り捻るあげてくれます。
私は、子チンを擦りながら
「〇〇(妻の名前です)様、こんなマゾで変態な夫ですけど
 捨てないでおそばにおいて下さい。」
と情けなくお願いすると
「わかってる、昔みたいに偉そうにせえへんかったらね。
 疲れてるから早よ、逝きなさい。」とより一層捻られ
その痛みの快感に
「逝きます。」とあっけなくいってしまいました。

今日も彼氏様の大人のおちんちんは、生のまま妻の口にも聖器にも
進入してその温かさを感触を思う存分味わったのに。
私の子チンは、ゴムを被せて自ら手で擦る事しか許してもらえません。
そんな惨めさを味あわせてくれる、
自由に浮気をしてくれる、
美味しいおビールを与えてくれる、
便器としてつかってくれる、
乳首ピアスを捻りあげて射精まで許してくれる、
こんな寝取られマゾで変態亭主でも捨てないでそばにいさせてくれる、
妻に感謝しています。
そして、私に代わって妻を精神的にも肉体的にも満足させてくれる
彼氏様に感謝します。
ページトップへ  トラックバック1 コメント13
9月12日
2012-09-12-Wed  CATEGORY: 日記
こんばんは。

今晩、妻・美佐子様は彼氏様とデートです。
彼氏様とのセックスはもちろんですが、
一緒にいるだけで楽しいそうです。
今頃は、どこかで恋人の会話をしながら
ディナーを楽しんでいるんでしょうね。
その後は、もちろん・・・・・
私は、
ご褒美のおビールをいただける幸せ、
(便器として使っていただく事)
お二人の大人のセックスの後を舐めさせていただく喜び、
(お二人の愛のお裾分け)
もちろん、挿入は拒否され乳首のピアスを捻っていただきながら
惨めに自分で擦りながら射精をお許しいただけるありがたさ、
などを考えながら
妻・美佐子様のお帰りをお利巧にお待ちしております。
ページトップへ  トラックバック1 コメント2
9月5日
2012-09-05-Wed  CATEGORY: 日記
こんばんは。
更新しないと広告が貼り付けられるようになったのですね。
がんばって更新しないと。
でも、あまり目新しい事がないんです。
文才もないし、表現力にも乏しく
いつも同じような感じなんで・・・・
あまり面白くないのではないかと、
折角、呼んでいただいている方に申し訳なくて。

妻美佐子様は、彼氏様と毎週デートを楽しまれています。
一泊で浮気旅行も楽しまれました。
ますます、寝取られマゾ奴隷亭主になっています。

最近、嬉しい事と言えばデートの後のご褒美に
毎回おビールが頂けるようになりました。
別の言い方をすれば便器として使っていただけるように
なりました。
昨日は、量も多く必死で飲ませていただきました。
勢いもよく、鼻にも入り少しこぼしてしまいました。
まだまだ、便器としては不良品ですね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
7月26日
2012-07-29-Sun  CATEGORY: 日記
26日に妻が帰ってきたのは、10時前でした。
「ただいま。」ととっても明るくご機嫌で帰ってきてくれました。
妻の帰りを心待ちにしていた私は
玄関まで飛んで行き
「おかえりなさい。」と妻のおみ足にすがりつくように
お出迎えをします。
部屋に入ると妻は
「疲れたから足揉んで。」と私にマッサージを命じて
「暑い。」と言いスカートを脱いで
床に座り前日からの彼氏様とのデートの様子を
聞かせてくれました。
いろいろと名所やお店をめぐり食べ歩きをしたそうです。
本当の恋人同士のデートです。
ホテルに帰ってからもお酒を飲みながら恋人同士の
素敵な夜を満喫したそうです。
でもその晩は、二人とも飲みすぎて本格的な大人のセックスは、
しなかったそうです。
彼氏様は、頑張ってくれていたそうなのですが
妻は、酔って寝てしまいはっきりと覚えていなかったそうです。
でも、翌朝不完全燃焼のセックスの続きをチェックアウトを
2時間延長して大いに大人のセックスを楽しんだと
嬉しそうに話してくれました。
話を聞きながらマゾ亭主の子チンは、大きくなっていました。
私は、興奮し
「おビールを飲ませてください。」と懇願しました。
「お利巧にお留守番してたからいいよ。」とお許しが出て
私は、仰向けに横になります。
妻は、マゾ奴隷亭主の顔を跨ぐと自分でパンティを脱いで
おビールの注ぎ口を喜んで待ち受ける私の口に直接付けて
「ちょっと、待ってな、今出してあげるから。」と言うと
少しづつおビールを注いで下さいました。
私は、味わいながらゴクゴクと少しづつ飲み込んでいきました。
今回は、いつもより味も濃く量が多かったです。
少しこぼしましたが、ほとんど飲み干す事ができました。
「ごちそうさまでした、おいしかったです。」とお礼を述べると
「そう、それは良かった。今日も自分でしてね。」と
当たり前のように言われ
「はい。」と答えると
妻は、いつものように乳首のピアスを引っ張ってくださいます。
私は、すでに大きくなっている子チンを自分の手で擦り始めます。
そんな、惨めな状況に興奮している私はすぐにいきそうになり
「いきそうです。」と申し上げると
「もう、いくの。ゴム着けとき。」と冷たく言われて
コンドームを子チンに装着して擦りながら
「美佐子様とセックスできるのは、彼氏様だけでいいんです。
 私、マゾ奴隷亭主はこうして乳首で遊んでいただきながら
 自分でさせていただくだけで充分です。
 これからも、彼氏様と大人のセックスを大いに楽しんでください。」と
男として夫として情けないお願いをしながらいってしまいました。
妻は
「そう、それは楽でいいわ。」と嬉しそうに笑っていました。
私は、射精のお礼を申し
「こんな、変態な夫ですが捨てないで御そばにおいてください。」と
お願いしました。
「これからも、いい子でいたらね。」と妻は答えてくれましたが
最近の彼氏様とのデートの模様やラブラブな関係を聞いていると
そのうち捨てられるのではないかと不安になってきます。


 


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
7月25日
2012-07-25-Wed  CATEGORY: 日記
こんばんは、しばらく更新ができずすみません。
ちょっとしたトラブルがあったのですが、
大した問題にもならずに
妻・美佐子様は、同級生の彼氏様と
週一回のペースで大人のデートを楽しんでおられます。
マゾ奴隷亭主は、美佐子様のおビールを頂いて(毎回ではないですが)
乳首のピアスを捻りあげていただきながら
自分で子チンを擦って射精させていただいています。
以前はお情けでゴムつきで挿入をさせていただいていたのですが
先々週から、挿入もお許しいただけなくなっています。
彼氏様の大人のおチンチン様は、毎回ゴムなしの生挿入で
射精は美佐子様のお腹の上になさるそうです。
そんな、彼氏様との扱いの違いに惨めで情けない状況に
いっそう喜び美佐子様に感謝してしまう救いようのない
マゾ奴隷亭主です。

今日は、一泊で彼氏様と旅行に行っておられます。
ですので、私マゾ奴隷亭主は、一人寂しくお留守番です。
今頃、彼氏様と楽しく大人のセックスを満喫しているのでしょう。
彼氏様の大きさは普通ですが
(もちろんマゾ奴隷亭主の子チンより大きな)
持続力のある大人のおチンチンで
(彼氏様は一時間以上もつそうです。
 マゾ奴隷亭主のはチキンラーメン子チンです)
思う存分セックスを楽しんでいるんでしょう。
考えると子チンが自己主張します。
明日の晩、帰ってきてくれる予定です。
旅行の様子を聞かせていただきながら
お疲れのおみ足をマッサージ、
その後、ご機嫌がよければおビールを頂けるよう
お願いしようと思っています。
たぶん、子チンの挿入はお許しいただけないでしょうから
自分で子チンを擦りながら、ピアスを捻っていただき
惨めに射精する事になるでしょう。
お帰りが、今から待ち遠しいです。

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
<< 2017/02 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


余白 Copyright © 2005 妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。