FC2ブログ
妻が他の男に抱かれる・・・と想像するだけで興奮してしまう寝取られマゾな夫の告白です。
妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
喧嘩の事
2005-11-23-Wed  CATEGORY: 過去の事
妻に主導権が移った喧嘩の事を書きます。
私は、結構独占欲が強くて、我侭で、嫉妬深い性格です。
スワップをしていた頃、目の前で妻が悶え私では絶対感じさせる事の
できない絶頂を何度か見せつけられました。
その後、相手の男性と親しげにおしゃべりをしたり抱擁をしたりする
妻を見るとたまらなくなっていました。
うまく、その時の心境を書けないのですがマゾ性よりも男の性の方が
強くなっていました。
その気持ちを妻に話して
私達ははなるべく参加しないようにするようになりました。
もちろん、妻も私の気持ちを察して従ってくれていました。
それが、しばらくすると私のマゾ性が出てくるんです。
インターネットで寝取られマゾ夫さん達の告白を読んでいると
妻に浮気をしてもらって寝取られマゾになってみたいと
思うんですよね。
本当に、自分勝手だと思いますが。
妻に、そのことを話すと
「以前の事があるからやめとこう。」と言われました。
私も妻の言うとおりだと思い諦めたのですが、
マゾの血を抑える事ができませんでした。
何日か後には、妻を一生懸命説得する私がいました。
妻も、私とのセックスでは物足りなさを感じていた事もあり
OKさせるのにそれほど時間はかかりませんでした。
浮気の相手捜しは苦労しませんでした。
妻の上司でNさんです。
妻も気になっていた男性で何度か食事に誘われている事もあり、
それまでは断っていたのですが、
次に誘われたら行く事になりました。
その機会は、すぐにやって来ました。
最初のデートでは何も無く帰ってきたのですが、二回目のデートで
セックスをして帰ってきてくれました。
その時の私の心配は、Nさんのオチンチンの大きさと
妻を満足させてくれるかどうかでしたが、
オチンチンは大きくて、テクニックも良いというので
しばらくお付き合いをしてみる事になりました。
確か、四度目のデートの時のセックスで絶頂を迎えたと
聴かされました。
もちろん、デートの日は帰ってきたらマゾ亭主としての喜びの時間を
妻に与えてもらいました。
お付き合いを始めて半年くらいたった頃には、妻はデートのたびに
満足して帰ってきました。
もめる原因がなんだったのか覚えていないのですが
喧嘩の方向がNさんとの事になり、
Nさんと妻の関係に嫉妬していた私は
妻にNさんと別れろと言ってしまったのです。
全く、身勝手な話ですよね。
妻は、そんな勝手な私に今まで我慢していた不満が爆発してんです。
あたりまえですよね。
妻は泣きながら言いました。
「パパがそうして欲しいって言うたのやろ。
 Nさんとは、絶対別れない。それがいややったらパパと別れるわ。」
妻が、成り行きや一時的な感情ではなく本気なのがわかりました。
私の中で思考回路が停止しました。
私にとっては、全てを失う決定的な一言でした。
私は、妻にすがりながら
「ごめん、俺が悪かった。」と謝りました。
妻は、
「パパが、一番大事や。Nさんとはあくまでも浮気やから。
 これからも、ちゃんと協力してね。」
といってくれました。
私は
「わかった。これからも、Nさんとの浮気を認めるし
 ○○(妻の名前)の思ったとおりにしていいから、
 別れるなんて言わんといてくれ。捨てないで下さい」
とお願いしました。
完全に主導権が、妻に渡ってしまった瞬間です。
それから、妻は結構自由に浮気をしています。
私は、マゾ亭主として協力させられています。
捨てられないように妻に尽くしています。
妻は、そんな私をセックスでは役に立たないマゾ亭主として
遊んでくれます。
たまに、私の男の部分が出そうになりますが、それを我慢すると
ひとつ深いマゾの域に達する事もわかりました。
もっと早く、こうゆう夫婦関係を作れたら良かったのにと思う
毎日です。

つまらん事をながながとすみませんでした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
スワップパーティー
2005-11-10-Thu  CATEGORY: 過去の事
そのご夫婦が主催するパーティに参加したときのことを報告します。
これは以前2チャンネルに投稿したのでご存知の方はすみません。

私達夫婦が、交際していたご夫婦が
主催するスワップパーティに
是非参加して欲しいといわれて参加したんです。
6組の夫婦が参加していました。
王様ゲーム等で盛り上がってきた所で、くじで
パートナーを決めてセックスになったんですが
私は、初めての緊張で?勃起しなかったんです。

妻には「緊張したからではなくて、マゾだから」
と帰りに言われましたが・・・・。

それで、別室で同じくだめだった方と話をしていたんです。
そこに、Aさん(妻のパートナーの男性)が妻の手を引いて
入ってきました。
もちろん二人とも全裸ですので、Nさんの物が目に入りました。
普通の状態で私の勃起した時より大きく見えました。
妻は、恥ずかしそうにしていましたので、
明らかに何度かいかされたんだとわかりました。
Aさんは、私達に見せつけるように愛撫をしだしたのです。
初めは、嫌がっていた妻ですが、すぐに自分から相手の首に
手を回してキスをしておちんちんを手でしごき始めました。
勃起した物は、私の2倍くらいの巨根で、
妻は、今度はそれをうれしそうに口に含んで上下に動かしました。
私が、お願いしてもなかなかしてくれないのに。
やはり女性にとって、満足させてくれるモノは
愛しいんでしょうね。
一心不乱に、顔を動かしていました。
Aさんが、妻の顔を持ち上げて何か耳打ちしました。
妻は頷くと申し訳なさそうに私の方を見てから、
Aさんにまたがって、Aさんのおちんちんを持ち、
腰を沈めてつながりました。
私は、「えっ、ゴムしてない。生や。」と思わず
声を出したのです。
後で聞いたのですが、妻は生で入れて欲しかったそうです。
妻の口は半開きで、すでに感じていたようでした。
対面座位の体位です。
妻は腕をAさんの首に巻きつけて、体を上下左右前後に
激しく快感をむさぼるように動いていました。
確か「あぁぁぁ、いいぃ・・・凄い感じるぅ・・・」
と言うような悶え声を発していたと思います。
完全に私の存在は妻の頭から消えていました。
一匹の、快楽をむさぼる雌になっていました。
一緒にいた方が、「奥さんでしょ、凄いですね。」
って言っていましたが
私は、取り憑かれたように無言で見入っていました。
しばらく、悶えながら動いていた妻が
「だめ、いっくぅ・・・・」と、大きな声をあげて
絶頂を迎えてAさんに抱きついて動かなくなりました。
私は、妻がおちんちんでいくのを初めて見ました。
嫉妬、興奮、訳のわからない感情で頭の中が真っ白でした。
Aさんが、妻の顎を持って私達の方に顔を向けさせました。
妻の顔は、今までバイブでいった時の、
私が知っている妻ではない恍惚とした表情をしていました。
Aさんのおちんちんは妻にしっかり挿入されたままでした。
その当時は、妻も私もまだ寝取られっていう
概念がなかったのであまり興奮する妻のコメントって
いうのはないんです。
ただ、Aさんに1回いかされた後
「ご主人に見せつけましょう」といわれて
逆らえなかったそうです。
私に申し訳ないのと恥ずかしかったらしいのですが
もっといかせて欲しい思いが強くて、
快感を求める体の欲求には勝てず、
Aさんの上に乗って挿入した時には、
完全に私の事は頭になかったそうです。

たぶん今、同じ状況になったら、
「Aさんの、おちんちん大きくて気持ちいい。
 パパと、全然違う。」とか
「私とセックスできるのは、Aさんだけ。
 ほら、自分でしなさい。」とか
寝取られマゾの私が喜ぶ
いろいろなうれしい言葉で責めてくれると思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
スワップ
2005-11-10-Thu  CATEGORY: 過去の事
私達夫婦は結婚して20年ですが、妻は私のオチンチンでいった事は
一度もありません。
これは、私の早漏の子チンとテクニックのなさ、そしてマゾ性にあります。
結婚した当初は、普通にセックスしており
いつも私が射精した後、バイブを使って妻を満足させていました。
若くして結婚しましたので、私以外の男子経験のない妻は、
セックスとはこんなもんだと思っていたようです。
結婚して一年くらいして、私は自分のM性を満たす為に
夫婦生活の前戯に軽いSMをしてもらうようになりました。
妻の足をマッサージさせてもらったり、妻が満足するまで舌で奉仕したり
妻に子チンを足で踏んでもらっていました。
ただ、妻自身は痛くも痒くもなくマッサージなどが気持ちいいので
妻はSではないのですが、私の好きにやらせていたそうです。
当然妻は、物足りなさを感じていていたようです。
私も、妻に本当のセックスの良さを感じて欲しいと思いましたが
私にはそんな力はないことは、私自身がよくわかっていました。
妻が31歳の時、私は妻にスワッピングをしてみないかと
提案しました。
妻には拒否されましたが、一年説得を続けてやっと同意を得て、
ホームページを立ち上げておられたご夫婦とお会いしました。
相手のご夫婦はベテランで、ご主人も奥さんも大変良い方で
私も妻も気に入ってお付き合い始まりました。
妻は、最初の頃はやはり緊張があったようですが
3度目にお会いしてセックスをした時に初めてオチンチン挿入でいって
今までとは全然違う快感の深さを感じたと言っていました。
私はというと、悲しいかな最初は勃起もせず、勃起しても早漏のため
ベテランの奥様を満足させる事などできませんでした。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。