FC2ブログ
妻が他の男に抱かれる・・・と想像するだけで興奮してしまう寝取られマゾな夫の告白です。
妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>
4月15日の事
2006-04-16-Sun  CATEGORY: 日記
昨日、美紗子様から午後10時過ぎに
「今からデート」と短いメールが入りました。
私の望みどおり飲み会が終わってNさんとデートを楽しんで
来てくれたようでした。
私は、すでに家事を済ませておりましたので
嫉妬と期待を膨らませながら一人寂しく
ネットを見たりして美紗子様のお帰りを
お待ちしました。
美紗子様が帰ってきたのは、午前2時過ぎでした。
約4時間も、ホテルでセックスを楽しんでいたのです。
美紗子様の話では、3回いったそうですが
やはりSさんの方がいいそうです。
もちろん、私と比べると何倍もいいそうですが・・・・。
帰ってきた美紗子様に
「今日は、シャワー浴びないで帰ってきたからね。
 嬉しいでしょう?しっかりとお掃除しなさい。」
と、裸になった私の顔に座ってくれました。
中出しは、させなかったそうですが。
すでに、股間は興奮しており、一生懸命舌で
さっきまで、彼のモノが支配していた股間を
舐めてお掃除をさせていただきました。
そこは、まだ湿っておりセックスの名残を感じて
もしかして、彼の放出したものが残っているかもと考えると
一層興奮します。
いつもより、長くお掃除をさせられ
「お尻のお掃除もさせてあげる。」と
股間をずらしてお尻のお掃除もさせていただきました。
「シャワー浴びてないからいつもと違うでしょう。
 パパの子チンいつもより元気みたいやね。」と言われて
妻の浮気の後のお掃除をさせられる惨めなマゾ亭主になれて
とても幸せを感じました。やはり変態ですね。
美紗子様は、ピアスを遊び始めたのですが、
「美紗子様、御聖水を飲ませてください。」とお願いすると
「さっき、ホテルでしてきたからでるかな?」
と言いながらも 再び顔を跨ぎ
口を開けるように命じられ
少量ではありますが御聖水を賜りました。
私は、お礼を申し上げ、お側でお仕えさせて頂けるように
お願いしながら子チンを擦ってあっという間に精を放出しました。
美紗子様には、
「パパは、ほんとうに早いね。楽でいいわ。」
と、早漏と子チンを笑われました。
マゾ亭主として美紗子様に馬鹿にされて
情けないのですが嬉しく思いました。

今度は、美紗子様のお気に入りのSさんと
デートをお楽しみいただき
せっかく入れたリングの効果を発揮させた
セックス後のお掃除をさせていただく事を
望んでしまうマゾ亭主です。
自信は、ないのですが
考えるとより一層興奮してしまいます。
ページトップへ  トラックバック0 コメント14
拒否して欲しい
2006-04-13-Thu  CATEGORY: 思う事
明後日の土曜日、美紗子様は、会社の飲み会に行かれます。
もちろん、同じ職場のNさんも行かれるそうです。
飲み会の後は、たぶんデートになるでしょう。
Nさんとのセックスが、Sさんと比べて物足りなくなったとはいえ
全く感じない私マゾ亭主とは比べ物にならないはずです。
楽しくデートをして、セックスを堪能してきて欲しいと
思います。

先日、セックスを拒否されたのですが
この前美紗子様にセックスさせていただいたのは
いつかと考えてブログを読み返してみました。
そうしたら、先月5日に挿入したものの子供が帰ってきて
中断して射精までいたっておらず
その前は、1月14日でした。
つまり、2,3,4月とまるまる3ヶ月
セックスさせて頂いていないのです。
寝取られマゾ亭主の身分としては当然ですよね。
美紗子様にしたら、気持ちの良くないセックスを
したいと思うはずがないのですから。
マゾ亭主としては、これからもSさんNさん
そしてできれば30歳の新しい彼氏とは
いっぱいセックスをしていただいて
私に対しては子チンを馬鹿にしながら
拒否してくださる事を望んでいます。
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
4月9日の事
2006-04-11-Tue  CATEGORY: 日記
最近、また美紗子様は彼氏と浮気デートをしていません。
Sさんが忙しくて美紗子様と都合が合わないようです。
Nさんから何度かお誘いがあったようですが、断ったそうです。
30歳の新しい彼とは、メールのやり取りはあるようですが
進展がありません。

デートをしていないので、もしかしてセックスさせてもらえるかもと
日曜の夜に「セックスさせてください。」とお願いしたのです。
「いいよ、しようか。」と快諾をいただき、お風呂に入る前に
お尻のお掃除をさせていただきました。
お風呂からでてきた美紗子に足のマッサージを命じられ
お肌のお手入れをなさる美紗子様のおみ足をマッサージをさせていただきました。
私の子チンは、セックスできる期待に大きくなってました。
お肌のお手入れが終わり、美紗子様が布団に横になると
私は、最近あまりしていなかったのですが
うやうやしくおみ足から舌で愛撫をはじめました。
おみ足の親指から小指までを順番に口に含みます。
一通り終わると、ゆっくりと股間の方に舌を進めて
パンティをお取りします。
美紗子様は、脱がせやすいようにお尻を少し浮かせてくださいました。
股間に舌を這わせて愛撫?をしました。
普通の夫婦のセックスなら挿入になるのでしょうね。
いつもの事ですが、当然私の子チンでは気持ちよくしてあげられないので
バイブを使って気持ちよくなっていただきます。
バイブで二度気持ちよくなっていただきました。
いよいよ、子チンの挿入です。
ところが、美紗子様は、
「やっぱり、やめとこう。パパとセックスしても気持ちよくないし。」と
拒否されてしまいました。
そんなと思いましたが、マゾ亭主の悲しさですね
拒否された事で興奮して子チンが余計に大きくなるんです。
「そうです、美紗子様とセックスできるのは、SさんとNさんだけです。
 セックスが下手で子チンの私には美紗子様とセックスできる資格はありません。」
というと
「よくわかってるやん。その代り遊んであげる。」
と言いながら、いつものようにピアスを弄ばれ
「自分で擦りなさい。」と命じられました。
私は、子チンを擦りながら
「セックスが下手で美紗子様にご満足いただけない子チンなのに
 セックスさせてくださいなどと失礼なお願いをして申し訳ありません。
 これからも、セックスを拒否してください。
 お尻のお掃除と彼氏とのセックスの後のお掃除係、美紗子様の
 便器としてお側においてください。」とお願いすると
美紗子様に
「そうやんな、パパには私とセックスする資格はないよね。
 これからは、セックスはさせへん。
こうして私に遊んでもらいながら自分でするんやで。」
と言われて一層興奮して射精させていただきました。

射精の後始末をしながら
「ほんまに、もうセックスさせてくれへんの?」
訊くと
「うん、もうさせない。自分でお願いしたんやからね。」
と言った後
「まあ、盆と正月くらいは考えてあげるわ。」と嬉しそうに
言われてしまいました。
うれしいような、冗談であって欲しいような・・・・・。
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2006/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>. all rights reserved.