FC2ブログ
妻が他の男に抱かれる・・・と想像するだけで興奮してしまう寝取られマゾな夫の告白です。
妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>
5月27日の事
2006-05-29-Mon  CATEGORY: 日記

美紗子様が、お帰りになったのは
午前2時過ぎでした。
もうそろそろお帰りになるだろうと
ベランダへ出ていると一台の車が少し離れた場所に
停車しました。
美紗子様にお聞きしていた色で車種も似ていましたので
もしかしてと思いました。
同時に気付かれてお二人の邪魔になってはいけないと思い
見えないように隠れました。
10分位たったでしょうか、車のドアが開き
やはり美紗子様が降りてこられました。
私には、気付かなかったようです。
彼の車は、そのまま帰っていきました。
美紗子様は、名残惜しそうに見送っておられました。

私は、そっと中に入り裸になり玄関の開くのを待ちました。
ガシャガシャっと鍵を開ける音がして美紗子様が
お帰りになりました。
部屋のドアを開けて、「ただいま。」と手を振り
笑みを浮かべながら美紗子様が入ってこられました。
いつもの事ですが、とても楽しかったというのが
お顔を見れば一目でわかりました。
「おかえり。」と申し上げてすぐに
「どうだった。よかった。」とお尋ねします。
美紗子様は、嬉しそうに
「良かったよ。」と言われて
その日の、デートを詳しくお話くださいました。
どこまでドライブして、どこで食事したとか
デートの様子を詳しくです。
私は、早くお掃除をさせていただきたいのに
まるで焦らすようにです。
今日は、S様のマンションに行ってS様に抱かれたそうです。
テレビを見ていると後ろから抱きしめられて
耳元で愛をささやかれ全身の力が抜けてあそこが
濡れてしまった。
二人でお風呂に入り、S様が好きなフェラチオをしてあげたの
とうれしそうでした。
お風呂から出ると、裸のままでリビングにき行って
続きをしたそうです。
S様の巧みなテクニックと舌使い、そして大人のオチンチンで
何度も絶頂を味わっておおいに満足したそうです。
私は、我慢できずに
「お掃除させてください。」とお願いしていました。
美紗子様は、
「いいよ。させてあげる。脱がせて。」とおっしゃられて
横になられたのです。
私は、あわててスカートとパンスト、パンティをお取りしました。
美紗子様は、横になられたまま
「今日は、このままでお掃除しなさい。」とおっしゃられたのですが
私は、
「顔の上に座ってください。」とお願いしました。
「もう、贅沢やな。早く横になり。」とおっしゃり
あわてて仰向けになった私の顔を跨いで
さっきまでSさまに貫かれていた股間を
お掃除させてくださいました。
まだ少し湿ってセックスの名残を留めている股間を
私は、子チンを大きくして嬉々としてお掃除をさせていただきました。
今日は、顔にぺったりとお座りいただいたので
お掃除の途中で何度か息継ぎのため
お尻を浮かせてくださいました。
「お尻もお掃除して。」と命じられ
お尻のお口のおそうじもさせていただきました。
残念ながら、便器として御聖水はいただけませんでした。
お掃除が終わると私の横にお座りになり
「早く、いきなさい。」と言いながら
乳首のピアスをぴっぱりました。
私は、子チンを擦りながら
「S様は、オチンチンも大きくてセックスも巧いんですね。
 だから、おしゃぶりもしてあげるんですね。
 子チンの私のは、お口では絶対してもらえないんですね。」
と興奮するようにわかりきったことを聞きました。
美紗子様は、当然と言うように
「うん、Sさんには自然にしてあげたいと思う。
 パパのなんかしたいとも思わない。」
と期待どうりの嬉しい答えをしてくださいました。
「私とのセックスも気持ち良くないから
 本当は、したくないんでしょ?」とお聴きすると
「うん。したくないって言ってるやろ。
 パパが我慢できるんなら別にせんでもいいよ。」
「これからは、美紗子様とセックスできるの浮気相手だけ
 でいいです。下手で子チンにの私には、
 美紗子様とセックスする権利はありません。
 どうかこれからは、絶対に拒否してください。」とお願いしながら
子チンから白いマグマを噴火させました。


マゾ亭主としては、美紗子様と普通にキスできるのは
浮気相手の方々で、私に許されるのは美紗子様のお尻のお口への
キスだけです。
美紗子様とセックスを出来るのも浮気相手の男性だけで
私には、その権利はないと考えるのです。
でも、やはり・・・・・・。
ページトップへ  トラックバック0 コメント18
5月27日の今
2006-05-27-Sat  CATEGORY: 日記

本日、美紗子様はS様とデートです。
今頃は、ホテルでセックスしているのでしょう。
S様のオチンチンをフェラしてるかも。
激しく突かれて悶えていきまくっているかも。
そして、マゾ亭主の私にはけっして与えられない
絶頂を何度も味わって帰って来るでしょう。

私はといえば、洗濯物を整理して帰りに買ってきた
お弁当を食べて美紗子様の帰りをお待ちしております。
前回、美紗子様が生理でさせていただけなかった
S様とのセックスの後の股間のお掃除をさせていただき
便器として御聖水を頂く事を期待しながら。
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
5月13日の事
2006-05-15-Mon  CATEGORY: 日記

美紗子様が、帰ってきたのは午前1時前でした。
私は、着ていたものを脱いで裸でお出迎えをしました。
「パパ、ただいま。」、とても明るい声でした。
その声を聞いただけで、デートが楽しかったんだと
わかりました。
笑顔でとても充実したすがすがしい感じでした。
それでも私は、美紗子様の前に正座して
「どうだった。よかった。」と尋ねました。
美紗子様は、
「うん、よかったよ。でもね、生理になった。」
と予想もしてなかった返事でした。
以前にも書きましたが、生理は苦手なんです。
お掃除も御聖水も・・・・・・・
とても期待して、いろいろと想像して興奮して
待っていたのにがっかりです。
美紗子様はそんな私を見て
「パパが出来るのなら、お掃除させてあげるよ。」とは
言ってくれたのですが。
「ありがとう、でもごめん無理です。」と
遠慮しました。
でも、子チンは大きく?なっており
美紗子様は、正座した私の乳首のピアスをひっぱりながら
ホテルでの様子を話してくださいました。
私は、子チンをこすりながら。
バスルームで、Sさんのものを口で大きくして
そのまま後ろからつながり美紗子様はいかされたそうです。
ベッドルームでは、久しぶりなのでSさんのものを
いっぱいお口でおしゃぶりしてあげたそうです。
その話し方からとても愛しいという感じがよくわかり
少し嫉妬してしまいました。
もう、いきそうになり
「美紗子様、いきそうです。」と申し上げると
「ゴムしときなさい。」と命令されて
ゴムを嵌め一息つきます。
ベッドでは、一度いかされて二度目に
Sさんの大きなものを入れられている時に
生理になったそうです。
それでも、Sさんは全く気にせず続けてくれたと
うれしそうに話してくださいました。
「セックスも下手で子チンで早くて全然気持ちよくなくて
 その上生理になったらだめなパパとえらい違いや。」と
馬鹿にしていただきながらいってしまったのです。
美紗子様に、
「もういったの。はやっ。」と笑われました。
私は、
「ありがとうございまいた。これからも浮気をしてください。
 そして、お側においてください。捨てないで下さい。」と
申し上げると
「うん、わかった。これからもおりこうにしてたらね。」
とおっしゃって下さいました。

布団に入ってからのことですが、
私が美紗子様に
「やっぱり、NさんよりSさんのほうが相性がよさそうやね。」
と言うと
「相性は良いけど、ちょっと新鮮味がなくなってきたかな。」
となにか物足りなそうな、ちょっと気になる一言でした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
5月13日の今
2006-05-13-Sat  CATEGORY: 日記
美紗子様は、久しぶりにSさんとデートです。
2ヶ月ぶりです。
もちろんマゾ亭主は、一人で留守番です。
昨日から美紗子様は、楽しそうでした。
そんな美紗子様を見ていると私も嬉しくなります。
きっと、Sさんのテクニックと大きなモノで
心いくまで楽しんでくるでしょう。
この前のNさんの時と同じようにシャワーを
浴びずに帰ってきてくれるかも。
或いは、リングを入れたのですからゴムを嵌めずに
・・・・・・・などと考えて子チンを大きく?させて
興奮しています。
美紗子様が帰って来られるのを楽しみにしています。


話は変わりますが、実は、ゴールデンウィーク中の
4日に美紗子様とセックスさせていただいたのです。
実に4ヶ月ぶりです。
この前、拒否して欲しいと書いておきながら
情けないんですがお願いしたらあっさりOKでした。
挿入すると美紗子様に
「やっぱりパパのは、感じない。はやくSさんとしたい。」
と言われて
「すみません。」と誤りました。
やはり感触は手とは比べられないくらい気持ちいいですね。
動くといきそうなのでじっとしていると
「なんで動かないの?」と訊かれて
「とても気持ちいい感触なんです。
 もう少しこのままいさせて下さい。」とお願いしましたが
「私は全然良くないし、痛くなってくるから早くいけ。」
と命令されてピアスをひっぱられ
5.6回腰を動かすといってしまいました。
もちろん、美紗子様のお腹の上にです。
リングを入れてるとはいえ、それは浮気相手の為で
マゾ亭主の私の為にではありません。
ですから、私は美紗子様の中に出す事は許されません。
美紗子様に
「早く、拭いて。」と言われてティッシュで拭きました。
拭きながら
「とてもよかったです。ありがとうございました。」
と心からお礼を言いました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
<< 2006/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>. all rights reserved.