FC2ブログ
妻が他の男に抱かれる・・・と想像するだけで興奮してしまう寝取られマゾな夫の告白です。
妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
3月24日の事
2007-03-27-Tue  CATEGORY: 日記
3月24日の報告です。

妻が帰ってきたのは、午前1時15分ごろです。
私は、インターネットを見ながら興奮していた時です。
嬉しくて帰ってきた妻の足に頬擦りしました。
妻のただいまの声は、明るく感じました。
まず最初に聞いたのは、N様とのセックスです。
妻は、
「一回いったよ。前回はあかんかったから
 今日は満足した。」と嬉しそうでした。
N様も前回の雪辱とばかり頑張ってくれたようです。
「シャワーは浴びたの?」って聞くと
「時間が無かったから、浴びてない。」って嬉しい返事。
すぐに私は土下座して
「お掃除させてください。」ってお願いしました。
「させてあげるから、脱がせなさい。」とのご命令。
妻のスカートに潜り込みガードル、ストッキング、パンティと
順番に脱がせていきました。
パンティをお取りすると、妻の充血した股間が目の前に。
私は、仰向けに寝転がります。
妻はスカートを上げて私の顔を跨いでゆっくりと
腰を下ろしてくれました。
だんだんと、さっきまでN様のおちんちんを入れて
まだ洗っていない充血して少し開いたまだ濡れている股間が
私の口を塞ぎます。
たぶん少しくらいN様の出されたものが残っているかもしれないと
思いながら舌を使って丁寧にお掃除します。
子チンは、大きくすぐにでも爆発しそうでした。
「パパ、少し髭がチクチクする、ちゃんと剃ったの。」とお叱りを受け
「はい、顎も鼻の下もちゃんと剃りました」と申し上げたのですが
妻には、「鼻の下」の「鼻」が聞こえなかったようで
「オチンチンの毛も剃ったの。温泉とか行けなくなるのに。
でもその方がかわいいしパパにはお似合いや。すっきりしたでしょう。」
と馬鹿にされてしまいました。
今までも何度も剃ってツルツルにしていた事はあるのですが
最近は、いろいろな事情で一部しか剃っていないんです。
本当は、ツルツルに完全脱毛して妻の名前のTATOOを入れたいんです。
以前妻にその事を話すとダメと言われ、世間体を考えるとやはり無理だろうと
諦めたんです。
でもまだ、気持ちはあっていつかはと思っています。
私に顔面騎乗の状態でお掃除させながら、妻はデートの様子を楽しそうに
話してくださいます。
最初のホテルは満員で、2件目のホテルで少し待たされて
(何組か待っているカップルがいたそうです。)
チェックインしてから
お風呂とベッドでN様のおちんちんをフェラしてあげたとか、
彼に言われて騎乗位になって腰を振ったんだけど
もう一つ集中できなかった、バックからもしたとか、
実は挿入でいけなかったけど、N様の巧みな手と口のテクニックで
いかされて満足したのと嬉しそうに。
そのあいだ、私は子チンを擦りながら股間だけでなく
お尻のお掃除もさせいただきました。
私は、たまらずダメもとで妻に
「セックスさせて下さい。」とお願いしたんです。
満足しているからダメといわれると思ってのですが
思いがけずお許しが出たんです。
でも、このお願いは失敗だったんです。
この時妻は、特製ビール(マゾ亭主の私が勝手に御聖水をそう呼ぶようにしただけです。
妻の体内で熟成醸造された御聖水ビールは、私にとっては最高の飲み物です。)
を与えてくださるおつもりだったんです。
先に、特製ビールをお願いするべきでした。
妻にセックスのお許しを頂いた私はうれしさのあまり、折角のチャンスを失ったんです。
妻に、
「その前に、ちょっと物足りないからバイブで一度いかせて。」と言われ
あわててローターを用意して妻の股間にあてました。
やはり、N様とのセックスでは物足りなかったんでしょうね。
「強すぎる、少し弱く。」と言われて弱くすると
N様との余韻が残っていたのでしょうすぐに妻は、体をのけぞらせて
絶頂を迎えました。
ローターをはずそうとすると、
「まだ、そのままで少し強くして。」と言いながら2度目の絶頂を迎えました。
ローターをはずすと妻は、しばらく余韻に浸っていました。
私は、おあづけをくった犬のように妻の傍らでセックスのお許しが出るのを
待っていました。
余韻が冷めた妻は、にっこりと微笑んで
「いいよ、入れなさい。」と挿入の許可を下さいました。
「ありがとうございます。」とお礼を申し上げて
妻が開いてくれて足の間に移動して子チンを妻の股間に挿入しました。
この前のN様とのセックスの後もそうだったのですが
妻のそこはN様のオチンチンで広げられているのでしょう
私の子チンは全く抵抗無くするっと入ってしまいます。
中も余裕が有りました。
でも、N様とのセックスでよく濡れており
子チンは最高の感触を味わいながら前後に動きました。
妻は、感じる様子も無く私を見つめて、股間に力を入れて
「締め付けると、やっと入ってるのがわかるわ。」と
嬉しそうに馬鹿にして軽蔑してくださいました。
広がっているからでしょうか、摩擦が少なく
しばらくいかずにもっていたのです。
今回いつもより興奮したマゾ亭主の私は、
「美紗子様、これからも自由に浮気をして楽しんでください。
 浮気の協力もさせて下さい。
 これからは、毎晩おみ足のマッサージをさせてください。
 家事は、私がいたします。
 美紗子様の特製ビールも飲ませてください。
 美紗子様の事が好きです。
 美紗子様は、私のような変態のマゾ夫は厭でしょうが、
 どうか、お捨てにならないでおそばにおいください。」
とお願いしながら腰を動かしていると
「お願いが多すぎる。
 浮気の協力とマッサージと家事はしっかりしなさい。
 ビールは考えとく。
 パパの事嫌いやったらもうとっくに捨ててるから。
 お利巧にしてたら捨てないし
 今まで以上にがんばりなさい。」
とおっしゃってくださいました。
そのお言葉と妻の中の快感にいきそうになり
腰の動きを止めるとすぐに妻に
「何止まってるの。お願いばっかり言うてんと、もうそろそろいきなさい。」と言われました。
「もう少し、このままでいさせてください。」とお願いしたのですが
「あかん、動いて早くいけ。」と命令されてしかたなく腰を動かすと
ピアスをひっぱられ股間に力を入れられ子チンを締められると
「あっ、いきます。」と情けない声を上げながら
妻の中から子チンを抜くと同時に妻のお腹の上に
マゾの情けなくも子チンは最高の瞬間を迎えました。
妻は、
「早く拭いて、勢いだけはあるんやから。
 服についてないやろね。」と言われ
「はい、服は大丈夫です。ありがとうございました。」と
マゾの私は、余韻浸るまもなく妻のお腹の上の汚れを
ティッシュで拭きました。
最高に興奮してしまった昨夜のマゾ亭主でした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
3月24日
2007-03-24-Sat  CATEGORY: 日記
こんばんは。
前回は、たくさんのコメントありがとうございました。
いろいろな方からいただきとても嬉しく思います。


嬉しい事に、今晩妻は、浮気デートです。
午後7時に待ち合わせてデートです。
お相手は、N様。
N様からのお誘いは、ずっと断ったいたのに
S様からのお誘いが少ないので
先月ブログでも報告しましたが
デートしたんです。
ところが、中途半端な状態で帰ってきて
やっぱりSさんのセックスの方が感じると
言っていたのに。
女心って、わかりません。
妻には、自由に浮気をする権利がありますから
好きな方といつ浮気デートをしてもいいんですが。
その方が私も嬉しいのです。
少なくともマゾ亭主より、N様でもS様でも
セックスは上手ですし、オチンチンも大きいのですから
私なんかとするより何倍も良いはずです。
でも今、妻の帰りを待ちわびながら
もしかして妻が満足せずに帰ってきたら
股間のお掃除をさせてもらえて、
妻特製のビール(御聖水の事です)も頂けて
セックスもさせていただけるかもって
期待しているんです。
お掃除の時、妻に叱られないように
髭を剃って、歯を磨きました。
いい歳をして恥ずかしいのですが、
妻がいつ帰ってきてもお迎えできるように
乳首にはピアスを嵌めて
男性用の穴あきのティーバックだけを履いています。
もちろん子チンは穴から出しています。
いろいろ想像したりネットを見ていると
興奮して子チンが大きくなりいく一歩手前まで
自分で何度もしてしまいます。
いきそうになると、妻が帰ってくるまで出してはいけないと
勝手に自分で決めて静まるのを待ってまた擦るの繰り返しです。
蛇の生殺し状態でますます興奮して妻のお帰りを
待ちわびています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
3月11日の続き
2007-03-16-Fri  CATEGORY: 日記

すみません、報告が遅くなりました。

ご覧頂いている皆さんにお願いなんですが
これからの励みにしたいと思いますので
何か一言で結構ですのでコメントを残してください。
よろしくお願いします。

3月11日の続きです。
妻が、帰ってきたのは夜中12時半でした。
「ただいま。」ってとっても明るい声でした。
その声を聞いて、私はやはりS様だと思いました。
明らかに、N様の時と声が違います。
早速妻に、デートの様子を聞きました。
もちろん、妻は服を着ていますが
私は裸でおみ足のマッサージを
させて頂きながらお聞きしました。
S様と会ってから、ドライブ、食事をして
久しぶりのデートに会話も弾んで
楽しかったそうです。
私は、その話を聞きながら
かなり嫉妬してしまいました。
妻は、もう身体だけでなく心もS様に・・・
と考えると、子チンが大きくなったんです。
肝心のセックスは、S様のマンションで。
二人で、テレビを見ながらいちゃいちゃキスしたり
恋人のようにじゃれあったそうです。
そうしてセックスをする為に汚れを落とそうと
お風呂に入ったそうです。
浴槽に腰掛けたS様の大きなオチンチンを
フェラしてあげたそうです。
久しぶりだったので、いつもより念入りにした
ってうれしそうでした。
私の子チンは、ギンギンでした。
妻は、おみ足の親指と人差し指で
大きくなった子チンを挟んで擦ってくれました。
爪があたって少し痛いのですが、
それがまた快感なんです。
お風呂場で、後ろから立ったまま挿入されて
久しぶりのS様とのセックスでとても感じて
すぐにいってしまったそうです。
実は、その時妻に言われて
子チンを擦ってい私は
たまらずいってしまったんです。
それを見た妻に、
「早いね、今日はもういいでしょう。」
と言われました。
私は、まだお掃除も御聖水も頂いていないので
お願いしたのですが、
今日は疲れているからと、終わりにされてしまいました。
久しぶりのS様とのセックスの余韻を
感じていたかったんでしょうね。
そのすばらしい快感の名残の残る
股間を私のようなマゾ亭主の舌に
触れさせたくはなかったのだと思うと
嫉妬して惨めで情けなくて最高に興奮します。

最初は、マゾ亭主とのお粗末なセックスで
そんなものだと思っていた妻は、
スワップで目覚めて、
N様と浮気をして今迄にない絶頂を知り
S様に出会ってから、もう一段上の
快感を与えられ完全に女としての
セックスの喜びを味わっているのだと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント21
3月11日
2007-03-11-Sun  CATEGORY: 日記
今晩、妻はS様とデート中です。
マゾ亭主の私は、もちろん留守番です。
夕方、妻は、お気に入りの下着を穿いて
とても嬉しそうに念入りにお化粧をして
いました。
待ち合わせ場所の近くまで車で送りました。
今頃は、S様に抱かれて久しぶりの
巧みなテクニックと大きなオチンチンで
女の喜びを感じているのでしょう。
いつものように、想像するだけで
興奮してしまいます。
たぶん、今日はセックスの相性の良い
S様とのデートなので満足した明るい笑顔で
帰ってきてくれるだろうと思います。
今から、妻の帰りが待ち遠しいマゾ亭主です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント8
浮気デートがないとき
2007-03-03-Sat  CATEGORY: 日記

今日は、私のブログを読んでいただいている
ポケチンさんから
「浮気デートのないときは、どうしているのか?」
とコメントでご質問を頂きましたので
その様子をお話させてください。
ポケチンさんは、hOK牧場と言うブログを公開されています。

浮気デートがないと、妻にはほとんど触らせてもらえません。
そればかりか、妻の裸もあまりみれません。
お願いしても、「いやっ。」って拒否される事が多いです。
夫としては情けなくて惨めなんですが、
マゾ亭主にとっては、それが喜びに変わります。
私も一応男ですから、溜まってくると出したくなります。
こっそり自分で処理することもありますが、
たいていそんな時は、それとなく妻にわかるような
行動をとります。
食事の後片付けをしたり、テレビを見ている妻の足を
マッサージしたり・・・・。
妻は、だいたい
「なに、パパ遊んで欲しいの?」って聞いて下さいます。
私は「はい、お願いします。」って答えて妻の横に
裸になって寝転びます。
子チンには、コンドームを装着します。
妻は、めんどくさそうに私のピアスのついた乳首を
引っ張ったり、こねたりして下さいます。
ほとんどの場合、妻はテレビを見ています。
私は、お礼を述べたり浮気をしていただくように
お願いしながら子チンをこすります。
テレビを見ている時には、妻は、
「うるさい、わかったから黙ってやれ。」
って怒ってピアスを力を込めて引っ張ってくれます。
「ゆっくりテレビが見たいから、早くいけ。」
って命令され、
「あっ、行きます。」と言うと
「行けっ。」といわれながら射精させていただきます。
私が射精したのを確認すると妻は、
私の事などどうでもいいって感じでテレビを見ています。
射精してしまうと、妻は服を着てテレビ見ているのに
自分だけが裸でいるのが恥ずかしくなってしまいます。
自分でゴムをはずして、ティッシュで後始末をするのも
とっても惨めで情けないのですが、
それがまた快感なんです・・・マゾですから。

こんな変態寝取られマゾ亭主を、
捨てずにそばにおいてくださる妻に感謝です。
妻は、私の事をどう思っているかはわかりませんが
私は、浮気してくれる妻が大好きですし
一生お側に置いていただきたいと願っております。
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
<< 2007/03 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。