FC2ブログ
妻が他の男に抱かれる・・・と想像するだけで興奮してしまう寝取られマゾな夫の告白です。
妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>
9月5日
2012-09-05-Wed  CATEGORY: 日記
こんばんは。
更新しないと広告が貼り付けられるようになったのですね。
がんばって更新しないと。
でも、あまり目新しい事がないんです。
文才もないし、表現力にも乏しく
いつも同じような感じなんで・・・・
あまり面白くないのではないかと、
折角、呼んでいただいている方に申し訳なくて。

妻美佐子様は、彼氏様と毎週デートを楽しまれています。
一泊で浮気旅行も楽しまれました。
ますます、寝取られマゾ奴隷亭主になっています。

最近、嬉しい事と言えばデートの後のご褒美に
毎回おビールが頂けるようになりました。
別の言い方をすれば便器として使っていただけるように
なりました。
昨日は、量も多く必死で飲ませていただきました。
勢いもよく、鼻にも入り少しこぼしてしまいました。
まだまだ、便器としては不良品ですね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
7月26日
2012-07-29-Sun  CATEGORY: 日記
26日に妻が帰ってきたのは、10時前でした。
「ただいま。」ととっても明るくご機嫌で帰ってきてくれました。
妻の帰りを心待ちにしていた私は
玄関まで飛んで行き
「おかえりなさい。」と妻のおみ足にすがりつくように
お出迎えをします。
部屋に入ると妻は
「疲れたから足揉んで。」と私にマッサージを命じて
「暑い。」と言いスカートを脱いで
床に座り前日からの彼氏様とのデートの様子を
聞かせてくれました。
いろいろと名所やお店をめぐり食べ歩きをしたそうです。
本当の恋人同士のデートです。
ホテルに帰ってからもお酒を飲みながら恋人同士の
素敵な夜を満喫したそうです。
でもその晩は、二人とも飲みすぎて本格的な大人のセックスは、
しなかったそうです。
彼氏様は、頑張ってくれていたそうなのですが
妻は、酔って寝てしまいはっきりと覚えていなかったそうです。
でも、翌朝不完全燃焼のセックスの続きをチェックアウトを
2時間延長して大いに大人のセックスを楽しんだと
嬉しそうに話してくれました。
話を聞きながらマゾ亭主の子チンは、大きくなっていました。
私は、興奮し
「おビールを飲ませてください。」と懇願しました。
「お利巧にお留守番してたからいいよ。」とお許しが出て
私は、仰向けに横になります。
妻は、マゾ奴隷亭主の顔を跨ぐと自分でパンティを脱いで
おビールの注ぎ口を喜んで待ち受ける私の口に直接付けて
「ちょっと、待ってな、今出してあげるから。」と言うと
少しづつおビールを注いで下さいました。
私は、味わいながらゴクゴクと少しづつ飲み込んでいきました。
今回は、いつもより味も濃く量が多かったです。
少しこぼしましたが、ほとんど飲み干す事ができました。
「ごちそうさまでした、おいしかったです。」とお礼を述べると
「そう、それは良かった。今日も自分でしてね。」と
当たり前のように言われ
「はい。」と答えると
妻は、いつものように乳首のピアスを引っ張ってくださいます。
私は、すでに大きくなっている子チンを自分の手で擦り始めます。
そんな、惨めな状況に興奮している私はすぐにいきそうになり
「いきそうです。」と申し上げると
「もう、いくの。ゴム着けとき。」と冷たく言われて
コンドームを子チンに装着して擦りながら
「美佐子様とセックスできるのは、彼氏様だけでいいんです。
 私、マゾ奴隷亭主はこうして乳首で遊んでいただきながら
 自分でさせていただくだけで充分です。
 これからも、彼氏様と大人のセックスを大いに楽しんでください。」と
男として夫として情けないお願いをしながらいってしまいました。
妻は
「そう、それは楽でいいわ。」と嬉しそうに笑っていました。
私は、射精のお礼を申し
「こんな、変態な夫ですが捨てないで御そばにおいてください。」と
お願いしました。
「これからも、いい子でいたらね。」と妻は答えてくれましたが
最近の彼氏様とのデートの模様やラブラブな関係を聞いていると
そのうち捨てられるのではないかと不安になってきます。


 


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
7月25日
2012-07-25-Wed  CATEGORY: 日記
こんばんは、しばらく更新ができずすみません。
ちょっとしたトラブルがあったのですが、
大した問題にもならずに
妻・美佐子様は、同級生の彼氏様と
週一回のペースで大人のデートを楽しんでおられます。
マゾ奴隷亭主は、美佐子様のおビールを頂いて(毎回ではないですが)
乳首のピアスを捻りあげていただきながら
自分で子チンを擦って射精させていただいています。
以前はお情けでゴムつきで挿入をさせていただいていたのですが
先々週から、挿入もお許しいただけなくなっています。
彼氏様の大人のおチンチン様は、毎回ゴムなしの生挿入で
射精は美佐子様のお腹の上になさるそうです。
そんな、彼氏様との扱いの違いに惨めで情けない状況に
いっそう喜び美佐子様に感謝してしまう救いようのない
マゾ奴隷亭主です。

今日は、一泊で彼氏様と旅行に行っておられます。
ですので、私マゾ奴隷亭主は、一人寂しくお留守番です。
今頃、彼氏様と楽しく大人のセックスを満喫しているのでしょう。
彼氏様の大きさは普通ですが
(もちろんマゾ奴隷亭主の子チンより大きな)
持続力のある大人のおチンチンで
(彼氏様は一時間以上もつそうです。
 マゾ奴隷亭主のはチキンラーメン子チンです)
思う存分セックスを楽しんでいるんでしょう。
考えると子チンが自己主張します。
明日の晩、帰ってきてくれる予定です。
旅行の様子を聞かせていただきながら
お疲れのおみ足をマッサージ、
その後、ご機嫌がよければおビールを頂けるよう
お願いしようと思っています。
たぶん、子チンの挿入はお許しいただけないでしょうから
自分で子チンを擦りながら、ピアスを捻っていただき
惨めに射精する事になるでしょう。
お帰りが、今から待ち遠しいです。

ページトップへ  トラックバック0 コメント4
6月2日
2012-06-02-Sat  CATEGORY: 日記
今晩、美佐子様は彼氏様とデートです。
マゾ奴隷亭主は、留守番です。
お帰りは、明日になると言われています。
美佐子様は、私に全く気兼ねせずに
自由に彼氏様とのデートを楽しんでいます。
普段も、美佐子様が主で
私が従という関係になってきています。
今日も、家の掃除と洗濯を言いつけられました。
夫としては、情けないのですが、
寝取られマゾ奴隷亭主の私は嬉しいんです。
彼氏様に抱かれ、大人のセックスを楽しんで
満足してお帰りになるでしょう。
美佐子様は、女としての心の安らぎと、
肉体、セックスの満足を彼氏様に求めているようです。
私も、それを望んでいます。
子チンの私には、出来ない事ですから。
完全に、寝取られマゾ+奴隷亭主です。

明日の美佐子様のお帰りが待ち遠しいです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント5
5月20日
2012-05-20-Sun  CATEGORY: 日記
昨晩、妻・美佐子様が帰ってきてくださってのは、
午前1時前でした。
なぜか「ただいま。」も言わず静かにご帰宅されました。
いつもは、明るく「ただいま。」と帰ってくるのに
彼氏様と喧嘩でもしたのかなと思ったほどです。
「おかえりなさい。」と出迎えます。
「ただいま。」との返事
「楽しかったの?」と聞くと
「うん、さっきも車でしちゃった。」と嬉しそうに答えてくれます。
「じゃぁ、中で。」と期待して尋ねると
「一応、お腹の上で。」と残念な返事です。
車の中で、彼氏様のモノをフェラチオして大きくなったので
そのままカーセックスをしたそうです。
あちこち身体をぶつけながらも、美佐子様は一回満足でき
彼氏様も最後は美佐子様のお腹の上に出されたそうです。
ホテルでのお二人の様子と、土曜日の一日デートの様子は
話してくれませんでした。
私は、カーセックス直後と聞いて
「お掃除させ下さい。」とお願いします。
「いいよ、脱がせて。」と私の前に立つ美佐子様のスカートと
パンティをお取しました。
そのまま、横になった美佐子様の
少し充血した、まだ彼氏様のおちんちんの余韻で
潤いがある聖器を喜び興奮して舌でお掃除させていただきます。
たぶん、美佐子様の喜びの潤いだけでなく彼氏様の精液も
少しは混ざっていると思うと惨めさと情けなさで
役立たずのマゾ子チンが大きくなりました。
「美佐子様、よろしければおビール飲ませてください。」
とお願いすると
彼氏様とのカーセックスの余韻とマゾ亭主の舌のお掃除で
感じてしまったのでしょう、
「さっき帰ってくる前にしたからあまり出ないで。
 後であげるから、パパ、バイブ使って。」と命じられます。
私は、この前購入した「フェアリーミニミニ」というバイブを
使って美佐子様の真珠(クリトリス)を刺激します。
彼氏様のセックスのおかげでしょう、すぐに一回、
少しして二回目の絶頂を迎え満足してくださいました。
「パパ、入れたい?」とお尋ねになるので
「はい、入れさせてください。」とお答えすると
「じゅあ、お利巧にお留守番してたから
 ゴムつけるんやったら、入れさせてあげる。」と
役立たずの子チンの挿入をお許しくださいました。
私・マゾ奴隷亭主は、そのお言葉がとても嬉しかったんです。
なぜかというと、彼氏様とは生でのカーセックスをされたのに、
マゾ奴隷亭主には、ゴムを付けるよう命じて下さったんです。
その屈辱の喜びの中で私は、ゴムを付けて挿入して腰を動かすと
「ゴム着けると痛いわ、抜いて。」とピアスをひっぱられます。
仕方なく、子チンを美佐子様の体内から抜きました。
「遊んであげるから、自分でしなさい。」と気だるそうに
いつものように乳首のピアスを引っ張りながら言われました。
私は、子チンを擦りながら
「美佐子様、これからもデートの時はお利巧にお留守番します。
 洗濯もうちの掃除もしますから、どうか捨てないで下さい。
 おそばにいさせてください、お願いします。」と情けなく
お願いしながら、ゴムの中でいってしまいました。
「ありがとうございました。」とお礼を言って片付けていると
「あっ、オシッコ忘れたけど、どうする?
 明日でも明後日でもいつでもできるから今日はいいやんな。」
とこれからいつでも飲ましていただけそうなお言葉で
希望が沸いてきました。
今日は、頂いていませんが・・・・



ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 妻の浮気で興奮 <マゾ亭主の日記>. all rights reserved.